楽して生きたい人のクソな日記帳

前かいてたブログがごちゃごちゃしてたのでなんとなく色々投げる。

生きているだけで偉い

https://youtu.be/avdJAJ-T9Wk

 

旅館で働いてた時の持ち物を紹介しながらエピソードを語っています。

よければご覧ください。

 

いや、本当にこれはなんというか編集するの疲れた。

先へ進まなきゃいけないんだろうけど、いろいろとつらくて。

YouTubeに最近動画をあげているけど、それはいいことなんだろうかとか。

 

なんとも言えない。

ちゃんとまともに勤めたかったねえ。

ただ、しばらくは働く気が起きない。

コロナ禍だったから、余計にストレスがかかったんだと思う。

社会に居場所が欲しい、認められたい。

なんの才能もない私でも生きていきたい。

 

働かないでお金がもらえないかなと思ったけどそんなことはできない。空からお金が降ってきて欲しい。誰にも後ろめたさがないようなお金が。

 

そして、これを書いてて思い出したけど、

働けない人のための制度である生活保護のこと。

「働かないでお金がもらえるなんていいね」という人もいる。

が、受けさせないようにする役所の水際作戦がすごいとか

働けない後ろめたさのせいで自尊心がかなり削がれるのだときいた。

 

事実、ネット上にはバッシングがいっぱいある。

おそらくは大半が不正受給とかしてる人に向けてではあるのだが、真っ当な生活保護受給者にたいしても刺さるような言葉もたくさんあった。

 

そもそも私は生活保護を受けるつもりも予定もない?というか条件すら満たしていないし…

ただなんとなく思い出したから記事に書いたのだけど。

だけど、生きている限り生活保護のお世話になる可能性はある。いまお金を持っていて豪遊していたとしても。

 

物事に永遠なんてないし。

 

しかも今はコロナ禍だ。思っている以上に困っている人たちがたくさんいるんじゃないかと思う。

誰も予想できなかったことで、多分仕方がなかったこと。

一年以上も自粛生活が続いていて、病んだ人たちもたくさんいると思う。

ここ最近は特に、旅行したことも思い出す。

隣県にさえコロナになってからいけていない。

コロナで失業した人や、逆に仕事が激務になった人もいる。

 

みんな生きてるだけで偉い。わたしはそうおもう