楽して生きたい人のクソな日記帳

前かいてたブログがごちゃごちゃしてたのでなんとなく色々投げる。

久しぶりの更新。

https://youtu.be/wE3Atl1Rkf0

 

これは、今日投稿した動画です。

ちょうど、今日は日曜日の夜。

月曜日が辛い人もいるのではないでしょうか。

仕事や学校のことを考えて。

 

私は、ホテルでばいとしたり、旅館で働いていたからシフト制の仕事しかしたことがないんだけど、

休みの日で次の日が出勤だと、夜からドキドキしたし、

次の日の朝は憂鬱だった。

「ああ、きょうから●●連勤…」

なんて、うんざりしていた。とくに、旅館で正社員だった頃はお休みも休んだ気がしなくて、寝てばっかりですぎてた。

 

10連勤しなきゃ行けない時はひたすら泣いてた。

絶望でしかなかった。

バスの中で泣いてたりもした。

多分、一番良くない方向にいっていたのは旅館で働いていた時だ。

コロナ禍で、ストレスの発散もうまくできなかった。

 

旅館で私が任されていた業務は、お客様とはお話しする機会のない仕事だったし、社員の中でわたしだけ属してる部署が不安定だった。

一人で任されてる仕事もあった。

だから、何処か社員の中でもパートさんの中でも中途半端で深入りもできない感じ。

 

それも辛かったのかもしれない。

 

わたしは決して人と話すのが得意なわけじゃないし、うまく話せない人見知りのコミュ障だ。

けれど、誰かと話すとそれだけで少し気分が上がる。

人と関わったり話したりするのは好きだったんだということに、今更気がついた。

たまに、迷っているお客様のご案内をさせていただくことがあった。

お客様に何かを聞かれることもあった。

 

そのとき、わたしは嬉しくなった。

なんだか、そのときはこの旅館で働いてるんだ、ここにいてもいいのかもしれないと思えた。

 

わたしに声をかけてきたお客様方は、

私が何となくそこにいたから声をかけたんだろう、それはわかる。

だけど、その「なんとなく」の行動で確かに私は少し救われていた。

 

そんな記憶。

 

仕事はすごく辛かった。けど、確かにいいことや優しさに触れることもたくさんあった。

これからは、優しさをたくさん与えられる人間になりたい。

そう思った。

 

泣きながら通勤していたほどに辛かった旅館はもう辞めた。辞めたことに後悔がないとは言えないし、これからどうしていけばいいのかもわからない。

無職の不安もあれば、もう働きたくないという気持ちもある。

 

辞めるぐらいなら死ぬ!とも思ってた。

けれど、できるならば生きて光を見つけたいし、自分だったらそんな理由で大切な人に死なれたら嫌だと思う。

 

みんな、全部何もかも大丈夫な状態で生きて欲しい。幸せでいて欲しい。

頑張りすぎないで欲しい。

どうか生きてて欲しい。

ただのエゴかもしれなくとも。

 

私は、そう思います。

 

久々の更新

https://youtu.be/IR6ykyJgI1Y

 

久しぶりの動画更新です。

求人票とか雇用契約書の見方について動画にしました。

まだ色々動画にしたいことがありますが、ひとまずはこれで。

 

これが普通に存在することなのかどうかはわかりませんが、

こんな事例もあるよ、というのを紹介しました。

わりと知識不足な点が存在しますが、コメント欄で教えてください。

 

これを動画にした意図は、私みたいにはなるなよ!!!ということです。

自分の身を守れるのは自分だけだし、

はっきりと主張しなければならないところはしなければならない。

 

求人票は雇用契約書ではないし、その条件で採用されるとは限らないので。

 

(応募した求人に能力や資格が足りなくても、

雇用条件を見直して採用したいという事例は企業側にとっては割とあるらしく、

それをやること自体は違法ではないそうです)

ただ、基本的には求人票通りの条件で採用するのが望ましいとのことです。

応募者を集めるために嘘のことを書いてはいけない。

 

ですが、

実際には様々な理由で嘘が書いてあったり

雇用契約書と給与明細が違う!ということもあります。

私がそうだったので不信感が積もったりしました。

ですが、必ずしも会社に悪意があるわけではないので、まずは聞いてみるのが手だとおもいます。

 

そのことで気を悪くされたり、嫌な扱いをされるようなことがあればそこまでの会社だと思います。

いずれにしても、何を言われたとしても、自分の身を守れるのは自分しかいません。

会社側が自分自身の人生の責任をとってくれるのか?といったらそれは違います。

 

自分がどうしたいか、どうなりたいのか、

どういう生き方をしたいのか。

それを自分の中でよく考えるのが一番大事だと思います。

 

私は、会社側が悪いとか、自分が全部悪いとか

自責や他責を繰り返していました。

今もそれはあります。

けれど、やはり自分の人生の責任って自分がとらなければいけないんだなと思いました。

モンスター社員だった私が頑張ろうとしてた記録

こんにちは、りりです。今日はYouTubeの動画のことを改めて紹介しようかと。
 
旅館でのエピソードを、働いていた時の持ち物を紹介しながら話しています。
前編

https://youtu.be/XqfoIPQ8au4

後編
前編は前の記事に上げたと思いましたが、今回は後編をアップしたので、改めて前編も一緒に紹介しようと思いました。
 
ただ、このエピソード以外にも色々詳細なエピソードあるので…
それも動画にしていきたい。
ブログを読んでる人には既出なエピソードも多々あるけど、
それでも動画にして残していきたいです。
どうにか乗り越えたいし日々の頑張ろうとしていた記録(他人から見て頑張っていたかどうかはわからないけど)
を誰かに知って欲しかった。
動画を始めたのはそれがきっかけ。
 
自分を責めているけど、本当は他人も責めがちだ。
自分なんか本当に大したことないしダメなやつって思ってるけど、他人にいざそう言われると怒りたくなる時もある(ならない時もある)
本当は褒められたくて頑張ってるすごいねって誰かに言われたくて仕方がない。肯定して欲しい。
でも生きてるだけじゃ褒められないし逆に頑張ったとしても否定してくる人も現れる。本気で落ち込む。
 
ただ、いざ褒められると受け取り方がわからなくて「そんなことない」って否定する時もある。
裏があると勘ぐっているわけではなくて、「そんなこと誰でもできるし」っておもっている変なところでプライドの高いめんどくさい奴。
 
それが私だ。
自己評価の低さは主治医から指摘されてきていて、
それでも、自分で自分を認められるように、褒められるように自己評価と自己肯定感を少しずつでも上げてきたつもりだった。
 
ただ、職場の件で思い知った。
私はまだ全然自分を肯定できていなかったと。
 
最低限の自己肯定感があれば、
女将さんや若女将に厳しいことや理不尽なことを言われてもはいはいと流せただろう。お掃除さんのように。
泣いて落ち込む必要なんてなかったと思ったし、それこそ誰かに相談したらよかったのかもしれない(仕事の他とか、パートさんとかに)
 
意見が対立しても、怯まずに、感情的にならずに必要なことだけを言えばよかった。
 
いっぱい悔いや反省点はあるし、職場だけが悪いってわけでもない。
ただ、自分としてはあの職場は…というより、経営陣の指導体制にも問題があると感じた。
人前で、ホール全体に響き渡るような声で誰かを叱りつけて反論の余地も残さないかのようなやり方を
私は好きにはなれなかった。自分もそうだが、他の人がそうされるのを見るのも辛いし耐えられない。
 
あえて書くが、パワハラのグレーゾーンに当たるのではないかと思っていたのだ。
 
女将さんも若女将も悪意があってやっているのではない、仕事上の指導として、私たちを成長させるためにしてくれたことだ。
その意図は理解した。
ただ、それを(自分の中で)仕方ないと受け入れる必要はなかった。
ツイッターでもみたが、
「きつい言い方をされると話が入ってこないので、どうか穏やかに話して欲しい」
と伝えるのもいいし、
難しかったら、自分の中で一線を引けばいい。
 
もし、同じように女将さんや若女将などの上司に叱責をうけて辛い人が職場にいたなら、その人の力になりたかった。
そういう気持ちもあった。
 
多分、いたと思う。
何もできなくてごめんなさいと、その人たちに思う。
不当だと声をあげていれば、なんとかなったんじゃないかという気持ちもあるし、
私さえ我慢したらいい、余計な声をあげないようにしたらよかった、という気持ちもある。
正直。
 
ただ、はっきりしているのは、
少なくとも、私は…これから先、新しい職場に勤めて後輩ができた時に、
ああいう指導はしたくない。
あれは私がなりたい姿ではない。
 
それだけ。
 

生きているだけで偉い

https://youtu.be/avdJAJ-T9Wk

 

旅館で働いてた時の持ち物を紹介しながらエピソードを語っています。

よければご覧ください。

 

いや、本当にこれはなんというか編集するの疲れた。

先へ進まなきゃいけないんだろうけど、いろいろとつらくて。

YouTubeに最近動画をあげているけど、それはいいことなんだろうかとか。

 

なんとも言えない。

ちゃんとまともに勤めたかったねえ。

ただ、しばらくは働く気が起きない。

コロナ禍だったから、余計にストレスがかかったんだと思う。

社会に居場所が欲しい、認められたい。

なんの才能もない私でも生きていきたい。

 

働かないでお金がもらえないかなと思ったけどそんなことはできない。空からお金が降ってきて欲しい。誰にも後ろめたさがないようなお金が。

 

そして、これを書いてて思い出したけど、

働けない人のための制度である生活保護のこと。

「働かないでお金がもらえるなんていいね」という人もいる。

が、受けさせないようにする役所の水際作戦がすごいとか

働けない後ろめたさのせいで自尊心がかなり削がれるのだときいた。

 

事実、ネット上にはバッシングがいっぱいある。

おそらくは大半が不正受給とかしてる人に向けてではあるのだが、真っ当な生活保護受給者にたいしても刺さるような言葉もたくさんあった。

 

そもそも私は生活保護を受けるつもりも予定もない?というか条件すら満たしていないし…

ただなんとなく思い出したから記事に書いたのだけど。

だけど、生きている限り生活保護のお世話になる可能性はある。いまお金を持っていて豪遊していたとしても。

 

物事に永遠なんてないし。

 

しかも今はコロナ禍だ。思っている以上に困っている人たちがたくさんいるんじゃないかと思う。

誰も予想できなかったことで、多分仕方がなかったこと。

一年以上も自粛生活が続いていて、病んだ人たちもたくさんいると思う。

ここ最近は特に、旅行したことも思い出す。

隣県にさえコロナになってからいけていない。

コロナで失業した人や、逆に仕事が激務になった人もいる。

 

みんな生きてるだけで偉い。わたしはそうおもう

 

体調が悪かった

https://youtu.be/azOg7F6vIPk

昔に撮った動画を編集してYouTubeにあげた。

 

なんというか、体調はどんどん落ちていく気がする

ようやく市役所にいって、手続きやらなんやらしてきた

ものすごく疲れた。

なぜ書類を取りに行くのにこんなに段取りが必要なのか。

待たされなければいけないのか

…理由はなんとなくわかっているし、それで市役所の人を責めるつもりもないし。

むしろ頑張って働いてくださっているし。

 

ここ最近の私はとにかくおふろにはいれなかったり、食欲が湧かなかったりした。

本当に辛い状況だった。

だけどYouTubeに動画をあげたりはできていた。

少しでも興味があるとできるんだな、と思った。

 

海へ連れ出されたり、お花を見ようと家族に連れ出されたりもした。

楽しかったけど、やっぱりそれなりに疲れてしまう。

 

前までの私なら、ここまでつかれたりはしなかったけど。

仕事をやめて、症状も少しキツくなってきて、

コロナ禍でうちにいても気が滅入ってしまって。

どこにいても行き場がないように感じた。

 

お風呂に入れないことが3日つづいたこともある。

私の中では最高記録だ。

そんな時は、ドライシャンプーを使って凌いでいたこともある。

↓これをよく使っていた。

タオルとブラシを用意するだけで髪がある程度綺麗になる。

このアイテムには正直何度か救われた。

髪の嫌な匂いとかも気にならなくなって、さっぱりもした。

体だけお風呂に入って髪をこれで済ますのもいいかもしれない。

 

ただ、やっぱり普通に髪を洗う方が良かったりする。

特に家族なんかは、そんなのに意味ないじゃんって態度をされたりもする。

けれど、髪も洗えないお風呂に入れない

自分はなんでダメなんだろうって罪悪感と後ろめたさは減らすことができた。

 

なんとなく買った商品だったけど、私は嬉しかった。

仕事してる時も使っていた時はあります。お風呂入れなくて

 

きつい時は頑張らなくていいんだよと思いたい。

こういう商品があることはとても嬉しかった。

頑張らない自分を肯定してくれそうで。

 

まだ職場のことを思い出して辛くなるししんどくなる

まだしばらくはこの状態が続くんだろうなと思う。

 

それがとても辛い

 

 

体調がぐずぐずだった

りりです。

 

https://youtu.be/QtD1KqS5DxQ

動画を投稿しました。こちらでお知らせするかどうか迷いましたが、さりげなくなら大丈夫かなと。

イラスト動画です。

こちらで更新のお知らせをしていない動画もいくつかあるので、リストから見ていただけたらな、とおもいます。

 

______________

 

体調をかなり崩してました。

生理の症状がかなり重たい状態でした。

それに加えて、メンタルもかなり悪化しました。

そして、ようやく会社から離職票が届いた?らしい。

ただ、それを郵便局まで取りに行かねばならないらしく…

すごくめんどくさい。

そして、離職票の発行がかなり遅い…なんでだろう。

 

とはいえ、私は退職を受け入れられてるわけではなくて、むしろ、なんでこうなったのか毎日後悔しているぐらいには職場のことを思い出している。

 

優しさをくれたあの人とあの人は今元気だろうか、

私が辞めたことで迷惑をかけてしまった。

働いていた時もたくさん迷惑をかけた。

そんな思いでいっぱいだった。

 

しょうじき、これが一番きつい。

嫌な職場だったら、いい思い出なんてなかったから。

前職は、じぶんにとって合わない場所であり、嫌な場所だった。

けど、従業員はみんないい人だったし好きだった。

向こうは私に悪印象抱いたのかもしれない。

もう関わりたくないのかもしれない。

はたまた、もう辞めた人だと、忘れているのかもしれない。

 

ただ、私は従業員の方々は好きだった。

それだけ。

だから今でも気がかりだ。そんなことを気にする必要は本来ないのかもしれないけど。

こんなことなら、早く職場から離れておけばよかったのかもしれない。

自分にとって合わない環境だったのは確かだったから。

 

コロナがなければ違ったのかもしれないし、

一人でも、職場の愚痴を言える同期がいれば良かったのかもしれない。

ないものねだりでしかなくても。

心底、軽くでも話せる人が社員にいてくれたら…と思った。

せめて、ネパール人の先輩が辞めないでいてくれたらな。

あの人の話は面白くて楽しかった。

 

揚げたての唐揚げを食べさせてくれた若い料理人さんも、

私に仕事を教えてくれたi先輩も。

一緒にミーティング会場を探した同期ちゃんも、

顔を見ることもなかった子も、

みんなやめちまった。いつの間にかやめてしまった。

 

若い料理人さんに至っては、連絡がつかないままやめた。

i先輩は、元気なく仕事をして、しばらくしたらやめた。

 

私はそれなりに長く続けたいとは思っていたけど(2〜3年は)

けれど、一年でやめた子たちの仲間入りをしてしまった。

続けたいと願うならやめるのは早すぎたし

やめたいのなら退職は遅すぎた。

 

続けたいもやめたいも思っていて、結局どちらを選んだらいいかわからなくなったし、

こうやって爆発するまでいろんなことに気づけない、わからない。

 

どうしたらよかったんだろう

 

 

 

GWが終わった。

gwの時に書いた記事の下書きが出て来た。

描きかけの記事が。

描きたかった記事とはこれのことです。

 

ここから

 

世間ではgwらしい。

私の辞めた旅館も忙しくなっているだろうか。

去年のこの時期は休業していました。6月に営業を再開しましたが、最初のうちはあまりお客様もいなくて。

ただ、gotoが始まり出してからはすごくて、その時ちょうど社員になるかならないかぐらいだったかな。その時に10連勤ぐらいした。

あと、年末とお正月にかけても10連勤だ。半休もなかった。

少なくとも、社員さんは連勤には文句もぐちも言わなかったな。多分もっと勤務時間が長い人もいただろうに。

 

ここまで書いていた。

 

私はどうだったかというと、社員になりたての時、年末とお正月の連勤、その連続ですっかり疲れてしまっていた。

慣れない通勤や勤務形態だった。

辛いも大変も苦しいも言い出せなかったし、言ったら呆れられそうで怖かった。

 

みんなは愚痴ひとつ言わなかった。

パートさんは、大変だとか言ったりしていたけれど、慣れているようでなんだかんだいいながらやっていた。

 

もしかしたら頑張れないの私だけなのかな、と思ったりして苦しかった。

全体的に、前向きに考えよう、ポジティブに行こう、そういう職場環境でした。

それはいいことなんだけど、ネガティブなことを誰かにいったなら否定されてしまいそうですごく怖かった。

頑張っていると思われなくなるのも怖かったです。

頑張れば頑張るほどもっと上の頑張りを求められているような気もした。

 

頑張れない人間はいらないと言われてしまいそうで。

 

困ったことに社員さんも経営者陣もみんないい人なんだ。

何度も書くが、私は経営者陣にモヤモヤした部分や不信感を抱いていたし、方針や考え方に納得できない部分も多々あった。

しかし、人間的には決して悪い人たちではなかったし、親切にされたこともちゃんと思い出せる。

根気強く話をしてくれたことも。

 

だから辛かった、苦しかった。

 

いっそ酷い経営者だったら、あからさまなパワハラがあったならどれだけよかったのだろう。

最低だが、そう思う時もあった。

 

仲居頭に疑問を口にしても「女将さんはそういう(悪い)人じゃないよ」と言われてしまう。

仕事で起きたことは報告がいくから、私が仲居さんに対して女将さんの話をしたこともすぐ(女将さんに)伝わってしまう。

ただ、仲居頭も悪気とか告げ口のようなものでしているわけではなくて、純粋にただの報告でしているみたいだった。

 

悪意はない。誰にも多分悪意はなかった。

 

私はお掃除さんに少し愚痴をこぼしたり、パートのおじちゃんと愚痴ったりしていたこともあります。

けれど、それがいつでもうまくできるとは限らないし、一緒にいる時間が長いのは社員さんだった。社員のみんなは前向きで元気で楽しそうで私とは違っていた。

 

あの職場を私が辞めたことはある意味正しかったのかもしれない。

私みたいな後ろ向きな人間がいると和を乱すから。

 

けれど、私にとってはどうなのかわからない。

投げ出した仕事を思うと、辛くて苦しい

あの時が最後になってしまった仲間たちの顔だって覚えている。

いつか辞めてしまうのだとしても、あんな別れ方はしたくなかった。

 

先輩たちは私にたくさん親切にしてくれた、教えてくれた。

それを私は裏切ったのだろう。

 

やめてから、夢には毎日のように職場と女将さんが出てきた。

忘れたい、過去に戻りたい、そんな思考も出てきた。

 

職場であった楽しかったこととか、優しくしてくれた人のこととか、反対にとても辛かったこと、嫌だったこと、悲しかったこと、

全部ごちゃごちゃでないまぜで毎日毎日それを思い出してしまう。

正直、とても苦しくて

自分の存在を消したくなった。

 

苦しい。逃げたい。いなくなりたい。

 

もうそんな言葉しか浮かばない